So-net無料ブログ作成

グレートジャーニー展 人類の旅は続く [美術展・博物館]

DSC00424.jpg
グレートジャーニー展、人類のルーツについての展示。

るみなー先生「今回は国立科学博物館 特別展グレートジャーニー 人類の旅展に行ってきました。 」

DSC00427.jpgDSC00431.jpg
導入部は、人類の祖先の足跡の化石と現生人類の足跡についての説明。

るみなー先生「世界中に散らばった人類が、世界でどういう生活をしているかを少数部族の展示を中心に解説している。 地域としては熱帯雨林地方、高地、北極圏、砂漠地帯、最後に東南アジアからに日本人のルーツを見るという展示になっている。」
せりあさん「ほとんどアメリカ大陸ですね。」
るみなー先生「そういうのは置いておいて、研究の立場から行って。人類の最後の到達点はアメリカかオセアニアになるよ(一番最後の到達点はイースタ島だった)」

DSC00437.jpgDSC00442.jpg
熱帯雨林地方の生活
せりあさん「アマゾンの少数民族の生活についての展示です。物を分け合う、助け合う習慣が紹介されています」
るみなー先生「もらった弓矢のほかにもパンツも展示されているぞ」

せりあさん「今回の見どころ展示としては干し首の展示だ。日本でもここでしか所蔵されていない3体の干し首が公開されています。」
るみなー先生「干し首か、昔のジャンプとかでそういう話があったな、典型的なオカルトグッズとして。 実際見てみると本当に小さいな。」

DSC00446.jpg
高地帯の説明

DSC00457.jpg
古くからの伝統技術も悪貨が良貨を駆逐するという典型的な例。

DSC00461.jpg
北極圏。ホッキョクグマがかわいい?

DSC00476.jpg
砂漠地帯

るみなー先生「砂漠地帯だが、サハラとかではなく南米の砂漠だ。風の影響で、狭いながらも世界でも最も乾燥された地になっている。こういうところにも人はすんでいる」
せりあさん「ここでも、おすすめ展示である最古のミイラがあります。(実際に最古というわけではなく、文化圏としてという意味で)」


DSC00479.jpg
るみなー先生「最後は縄文号、日本人のルーツとして南方から海での移住が主とされている。」
せりあさん「なんかTVでは中国・朝鮮からのルーツがとか言ってたような気がしましたが。」
るみなー先生「それは文化圏の話な。生物学的には、縄文系(モンゴロイド・アイヌ)と弥生系(東南アジア)になる。 」

るみなー先生「で、実際に船を1から(道具含めて)作成してインドネシアから数年かけて日本に行くものだった。」


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント